もしかして認知症?Good Life for Person with Dementia 認知症の人が住みなれた地域で自分らしく暮らすことができる社会へ

認知症 早期発見のポイント

ご家族のご様子に、もの忘れ等「あれ?」と思うことがふえていませんか?もしかしたら認知症のサインかもしれません。早めにお医者さんに相談しましょう。

「認知症」と診断された方の家族が気づいた日常生活上の変化を多い順に示しています。医学的な診断基準ではありませんが、暮らしの中での変化の参考にしてください。

「認知症」早期発見のポイント

  • 同じことを何回も言ったり聞いたりする
  • 財布を盗まれたと言う
  • だらしなくなった
  • いつも降りる駅なのに乗り過ごした
  • 夜中に急に起き出して騒いだ
  • 置き忘れやしまい忘れが目立つ
  • 計算の間違いが多くなった
  • 物の名前が出てこなくなった
  • ささいなことで怒りっぽくなった

参考:東京都福祉局「高齢者の生活実態及び健康に関する調査・専門調査報告書」1995より

早期発見のポイントダウンロード

「認知症」早期発見のポイント(監修:順天堂大学大学院 精神・行動科学 教授 新井 平伊 先生)より

こちらもご覧ください。

  • いまの状態みるしるシート
  • 認知症の治療について 進行を遅らせる治療で本人を支え、家族の介護負担を少しでも和らげましょう。詳しくはこちら
  • 生活の工夫と対応 本人の気持ちに寄り添って、安心・一体感のある、良い関係を保ちましょう。詳しくはこちら

ページトップへ