もしかして認知症?Good Life for Person with Dementia 認知症の人が住みなれた地域で自分らしく暮らすことができる社会へ

認知症かな、と思ったら

ためらわずに、早目に医師に相談することが大切です

家族に気になる症状が現れても、「きっと年のせいだ」、「まさか自分の家族が認知症になるなんて…」、「病院に連れていくと本人のプライドを傷つけてしまうかもしれない」などと思って、病院受診を躊躇している方も少なくありません。

しかし認知症は、早く発見して、正しく診断されることで、適切な治療が受けられる病気です。治療可能な認知症であれば、早期診断により、予防や症状の改善につながります。アルツハイマー型認知症であれば、症状の進行を遅らせることができます。
また、早い段階から適切なアドバイスを受け、福祉サービスなどを活用することで、介護負担を減らすことも可能です。

「何かおかしい」、「ひょっとしたら」という家族の印象はとても重要です。今までとは違う症状や行動に気づいたら、できるだけ早めに医療機関を受診することをおすすめします。

まずは、かかりつけ医に相談してみてはいかがでしょうか。

すでにアルツハイマー型認知症の治療を受けている方は

すでに診断されている方やアルツハイマー型認知症の治療を受けている方も、気になる症状があれば、医師に相談してみましょう。症状に合わせて薬を見直す場合もあります。診察の際、家族のお話は重要な情報になります。

認知症「いっしょがいいね」を支えるガイドブック(監修:医療法人社団緑成会 横浜総合病院臨床研究センター センター長 長田 乾 先生)より

こちらもご覧ください。

  • いまの状態みるしるシート
  • 認知症の治療について 進行を遅らせる治療で本人を支え、家族の介護負担を少しでも和らげましょう。詳しくはこちら
  • 生活の工夫と対応 本人の気持ちに寄り添って、安心・一体感のある、良い関係を保ちましょう。詳しくはこちら

ページトップへ